【もやい結び】簡単で忘れない世界最速のもやい結びのやり方!

LIFE

キャンプやBBQのアウトドア・海遊びやボートなど様々なシーンでとても役に立つ(もやい結び)のやリ方と、最速で忘れない簡単な結び方をご紹介いたします。

スポンサーリンク

もやい結びの利点

もやい結び完成後の輪の大きさが変わらない

完成後にロープをどれだけ引っ張っても輪の大きさは変わることがありません

引っ張ってもそれ以上小さくならないので、太いロープを腰に素早く巻き付けると救助等でも使用することが可能です。

もやい結びは解(ほど)きやすい

しっかりと結んだは良いけど、使用後に全く解けない・・そんな経験もあるかと思いますが、このもやい結びはしっかりと締め込んだ後でも簡単に外す(ほどく)ことができます

ボートの簡易係留やアンカー(イカリ)でも役立ちます。海に関わる方には必須です!

スポンサーリンク

【もやい結び】のやり方:基本編

左から順にご覧ください。

まずは、小さな輪っかを作りますが(画像↑内の一番最初)、そもそもこの輪っかの作り方を間違うと失敗するので注意が必要です。

小さな輪っかはロープの先端の延長側が上になるように作ります(本ロープ側は下)。それが逆だと締め込むことができません。

ロープ先端部分を差し込んで行く順は上の画像の場合、下から上・下・上・最終下に通します。

こちは画像通りに行うと簡単にできるのでまずは試してみてください。

以前この一般的なやり方しか知らず久しぶりにやった時のこと。
最初に作る輪っかはどっちが上?ロープ先端側?本ロープ側?次にロープ先端は下から入れる?上から?その後はどっち??締め込んだら全く違うものに・・

そんなことにならないように基本のやり方を定期的にやってみるか、これからご紹介するやり方を試してみてください。

簡単で忘れない世界最速の【もやい結び】のやり方!

いざ、もやい結びをする際に、

えーっと・・まず小さな輪っかを作って、そこに先端を・・と、やるのも良いのですが!!

そんな時にはこれからご紹介する「 簡単で忘れない世界最速の【もやい結び】のやり方 」がとても役立ちます!

このやり方なら忘れず手首を使いくりくりやってるうちに ”もやい結び” が出来てる~!って感じで終わってしまいますよ!

分かりやすいように画像内のロープ先端は短くしていますが、実際には解け防止の為にも少し長めにしましょう!

慣れると、1~2秒で出来ます!

リングに通したり、木に一周したりと用途に合わせ全体の輪の大きなを決めたら、ロープの長い方と先端部を持ちます。

ここから一気に小さな輪っかの中に先端を通します!

(画像↓左)ロープ先端側を、本ロープを押し下げると同時に左手に持っている部分を右側に押し込みます。

そうすることで勝手に小さな輪っかの中にロープの先端が入ります。

この段階で、輪っかの作り方や先端は上から通す?下から?というど忘れを解消できます!

さて、ここまで来たらすでに輪っかに通っているロープの先端を長いロープ側に絡ませていきますが、ここからは流れを掴み素早く!

(画像↑左)ロープ先端を本ロープの下をくぐらせ、こちら側に戻し真ん中の穴に突っ込みます(画像↑右)。

ロープ先端を突っ込んだらある程度の長さを確保しそのまま先端側を左手で固定します(画像↓左)。

後は、ロープ先端部分を固定したまま、本ロープ側を引っ張ります(画像↑右)。

この状態でいくら締め込んでも全体の輪っか自体の大きさは変わることがないので、輪っかの大きさは締め込む前に予め調整しておきましょう。

この結び方を覚えると、わざわざ輪っかを作りその中に下から通して・・・という流れを省略することができるのでとても早く、しかも一連の流れで結び終わることが可能です。

・ロープ先端側を本ロープの上からを押し込むと同時に左に持ったロープを右に持ってくる。この時点で小さな輪っかにすでにロープ先端が通っている。
・ロープ先端を本ロープの下から出し中央の穴に上から突っ込み両端を引っ張る。

慣れると本当に1~2秒で出来ます!

もやい結びの解(ほど)き方

もやい結びの裏側を見てみましょう(画像↑右)。

薄ピンク色の本ロープ側と交差している部分をホジホジと:画像では右側へ動かしながら(画像↓左)、本ロープ側を緩めます(画像↓右)。

この部分が動くともうこっちのもの!と思うくらいにあとはどんどん緩めていくことが可能です(画像↑右)。

もやい結びはどんなにしっかり引っ張られて結び目が硬そうに見えても、先程の本ロープと交差している部分をクイッ!っと本ロープ側に寄せることで簡単に動かせ、結び目全体を解くことができます。

これは、細いロープ、極太のロープでも同様です。

もやい結びの全体図

※もやい結びのやり方をお忘れにならないようにこの画像を保存しご活用くださいませ。

【もやい結び】簡単で忘れない世界最速のもやい結びのやり方!まとめ

この「もやい結び」は使い勝手がよくいろんな場面で活躍してくれるのでとても便利!

ですが、どんな結び方でも普段することがないと忘れてしまいます。

特にこのもやい結びの場合、まず最初の輪っかの作り方は?先端は上から?下から?など戸惑ってしまうこともあると思うので、今回ご紹介した「簡単で忘れない世界最速の【もやい結び】のやり方」を是非覚えてみてください。

一連の流れで出来てしまうので、忘れることがなくとっさの場合でもすぐに結べること間違いなし!

キャンプやBBQのアウトドアや海での遊びで大活躍する【もやい結び】をマスターしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました