FOODS

FOODS

魚の内臓の食べ方【内臓の部位別に調理方法をご紹介します】

魚がまるごとあると内臓は全て処分しがちですが、内臓にもそれなりの美味しさがあり、特に新鮮な場合には捨ててしまうのはもったいない貴重な部位でもあります。特に切り身の魚では決して味わうことが出来ないため、新鮮な魚がまるごと手に入る場合には捨ててしまわないようにしましょう。見た目と大きさは魚の種類やサイズにより若干異なりますが、基本的にはどの魚の内臓もほとんど同じです。
FOODS

唐辛子の葉の食べ方【辛い実だけではない美味しい唐辛子の葉】

唐辛子の実を取った後の葉はそのまま枯れるのを待たずに、美味しく頂きましょう。我が家の唐辛子は年中実をつけてくれるので、ふさふさと葉が生い茂った時に一食分になる程度葉を摘み一品にしています。※唐辛子の葉は実のような辛みは全くありません。唐辛子の葉 唐辛子の葉は調理するととても小さくなりボリュームがなくなるので思ったより多めがおススメです。
FOODS

美味しい簡単マグロのスジ料理【かたいスジを絶対に捨てないで!】

マグロのかたいスジ部分は、刺身(生)としては食べにくいので熱を通した調理方法が最適です。今回は、このスジ周辺部分の身の取り方とスジそのものの調理方法をご紹介いたします。火を通すと全く硬くなくむしろモサモサとした食感がなくなりしっとりとした絶品へと変化します。今迄捨ててしまってたであろうマグロのスジの独特な食感と味を是非試してみてくださいね。
FOODS

マグロのスジも美味しく食べる調理方法【簡単マグロのスジ料理】

サイズに関わらず、なかなかマグロの一匹丸ごとを手元に確保することはないかと思いますが、大きなサクを購入して、ご自分で調理をされる方の中には、このスジを敬遠される方も多いことでしょう。 今回はこの「マグロのスジ」の美味しい食べ方をお伝えしたいと思います。
FOODS

生唐辛子の美味しい食べ方【とうがらしの簡単な保存方法】

我が家のプランターには唐辛子がなっていますが、まずは青唐辛子(緑色)、その実が熟し赤唐辛子へと変化していき、どちらの段階でも食すことが可能です。それぞれの利用方法をご紹介します。生のままの唐辛子を長期保存したり、少しアクセントのあるアジアンテイストのソースすれば保存をしながら様々な味を楽しむことができます。是非試してくださいね。
FOODS

マヨネーズを超極細サイズで出す方法【既存のキャップ使用】

最近のマヨネーズの先端は元々細く出るタイプがあるし、ダイソーなどでも別売りのキャップ(数種類の穴のタイプ)がありますが、個人的にはもっともっと細い糸のような超極細タイプのマヨネーズを出したい。いくつかやり方があると思うので検証と共に、超極細タイプの出し方をご紹介したいと思います。簡単なので是非試してみてくださいね。
FOODS

パープルヤム【Purple Yam】とは

この名前を知ったのは、初めて買ってみた画像のアイスクリーム。 「パープルヤム」という言葉だけを聞くとなんのことか全くわからない。簡単に言うと、 紫色の「芋/いも」なのです。 パープルヤムとは 見た目は日本でもごく普通に食べられている「さつまいも」にそっくり。ただ切った断面はキレイな紫色なのです。
FOODS

押し寿司用の型作成【小さな具材も型崩れなしで切れます】

理想のサイズの「押し寿司の型」がないので作ってみました。 そして押し寿司と言えば、サーモンやサバ、エビを一面に敷き詰めたスタイルが一般的かと思いますが、余った具材を使い押し寿司として仕上げていきたいと思います。 ですが、小さなな具材が乗ることで切る際にバラバラになってしまうのでは?そのような問題を解消したいと思います。
FOODS

魚のエラと内臓を一発でキレイに取り除く方法【全ての魚に対応】

魚をさばく際にちょいと敬遠しがちなのが「内臓の除去」。 よくあるのが、包丁の先で、ちょこちょこと引っ張り出そうとするやり方。これはキレイな状態の内臓が切れてしまいグチャグチャになってしまいます。更にはそれらの匂いや汚れが周囲につくのでやめましょう。それでは、魚の内蔵をキレイに全て取り除く方法をご紹介します。
FOODS

保存も可能な簡単低カロリー鶏ハムの作り方【鍋に入れるだけ!】

誰でも簡単に作れる「トリハム」の美味しい作り方をご紹介します。 ダイエットにも人気のメニューで100gあたり108kcalでカロリーが気になる方にもオススメです。高タンパクなので筋トレをしてる方にも最適ですね。 作ったあとは冷凍保存し冷蔵庫で解凍すればそのまま食べれるのでとても便利ですよ。鶏の皮なしムネ肉を準備します。
タイトルとURLをコピーしました