FOODS

FOODS

四角い玉子焼きを作る方法【お寿司に最適!】

玉子焼き専用の小さく四角いフライパンを使って玉子焼きを焼いていき、なるべく四角くするために巻き寿司用のまきす(簾)で形成しようとするも楕円形になってしまうということはないでしょうか。そんな時には、押し寿司用の型が解決してくれます!
FOODS

【オニボラのヘソ】ボラの内臓にある生食可能な丸い珍味

魚の「ボラ」といえば身としてはあまり好まれることがない。理由はその魚の身自体の匂いを敬遠されることが多いが、内臓にあるこの部分は臭みは全くなく一匹に一つしかない貴重な珍味なのです。
FOODS

タコを薄くキレイに切る方法【タコの足を真っ直ぐに保存する】

タコを茹で終わり薄く切ろうと思ってもぶにょぶにょとして真っ直ぐキレイに薄く切れないという経験はないでしょうか。どんな料理の達人でも茹でた直後のタコを「真っ直ぐキレイに薄く切る」ことは不可能でしょう。この記事では誰でも簡単にタコの足を薄く綺麗に切れる方法をご紹介しますので是非参考にしてみてください。
FOODS

高瀬貝の処理(調理)方法【簡単な身の取り出し方法】

高瀬貝の貝殻はとても固くて丈夫なので、叩き割り中身を取り出すことは不可能です。そこで今回は我が家でしている高瀬貝の処理方法をご紹介します。
FOODS

魚の内臓の食べ方【内臓の部位別に調理方法をご紹介します】

魚がまるごとあると内臓は全て処分しがちですが、内臓にもそれなりの美味しさがあり、特に新鮮な場合には捨ててしまうのはもったいない貴重な部位でもあります。特に切り身の魚では決して味わうことが出来ないため、新鮮な魚がまるごと手に入る場合には捨ててしまわないようにしましょう。見た目と大きさは魚の種類やサイズにより若干異なりますが、基本的にはどの魚の内臓もほとんど同じです。
FOODS

唐辛子の葉の食べ方【辛い実だけではない美味しい唐辛子の葉】

唐辛子の実を取った後の葉はそのまま枯れるのを待たずに、美味しく頂きましょう。我が家の唐辛子は年中実をつけてくれるので、ふさふさと葉が生い茂った時に一食分になる程度葉を摘み一品にしています。※唐辛子の葉は実のような辛みは全くありません。唐辛子の葉 唐辛子の葉は調理するととても小さくなりボリュームがなくなるので思ったより多めがおススメです。
FOODS

美味しい簡単マグロのスジ料理【かたいスジを絶対に捨てないで!】

マグロのかたいスジ部分は、刺身(生)としては食べにくいので熱を通した調理方法が最適です。今回は、このスジ周辺部分の身の取り方とスジそのものの調理方法をご紹介いたします。火を通すと全く硬くなくむしろモサモサとした食感がなくなりしっとりとした絶品へと変化します。今迄捨ててしまってたであろうマグロのスジの独特な食感と味を是非試してみてくださいね。
FOODS

マグロのスジも美味しく食べる調理方法【簡単マグロのスジ料理】

サイズに関わらず、なかなかマグロの一匹丸ごとを手元に確保することはないかと思いますが、大きなサクを購入して、ご自分で調理をされる方の中には、このスジを敬遠される方も多いことでしょう。 今回はこの「マグロのスジ」の美味しい食べ方をお伝えしたいと思います。
FOODS

生唐辛子の美味しい食べ方【とうがらしの簡単な保存方法】

我が家のプランターには唐辛子がなっていますが、まずは青唐辛子(緑色)、その実が熟し赤唐辛子へと変化していき、どちらの段階でも食すことが可能です。それぞれの利用方法をご紹介します。生のままの唐辛子を長期保存したり、少しアクセントのあるアジアンテイストのソースすれば保存をしながら様々な味を楽しむことができます。是非試してくださいね。
FOODS

マヨネーズを超極細サイズで出す方法【既存のキャップ】使用

最近のマヨネーズの先端は元々細く出るタイプがあるし、ダイソーなどでも別売りのキャップ(数種類の穴のタイプ)がありますが、個人的にはもっともっと細い糸のような超極細タイプのマヨネーズを出したい。いくつかやり方があると思うので検証と共に、超極細タイプの出し方をご紹介したいと思います。簡単なので是非試してみてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました