高瀬貝の処理(調理)方法【簡単な身の取り出し方法】

高瀬貝の処理(調理)方法【簡単な身の取り出し方法】 FOODS

南国の海でよく見かける「高瀬貝」の貝殻はシャツのボタン素材としても使われていますが、食べても美味しい貝なのです。

貝殻はとても固くて丈夫なので、叩き割り中身を取り出すことは不可能です。

そこで今回は我が家でしている高瀬貝の処理方法をご紹介します。

スポンサーリンク

高瀬貝の身の取り出し方

熱湯でゆでる

電子レンジ等で加熱すると、中の水分がなくなり更に取り出しににくなってしまうので、熱湯で茹でていきます。

身と貝の内側を潤し、ツルっと取り出しますが、生の部分があると貝の中に内臓の一部が残ってしまったり、身自体が取り出せないので茹で時間は何度か確認が必要です。

水の中で冷ます

高瀬貝の処理(調理)方法【簡単な身の取り出し方法】

茹でおわったら、トングなどで取り出し水の中に入れ冷まします。

ゆで汁の中でそのまま冷めるのを待つよりも断然作業が早い。ちなみに茹で終わった貝を鍋から取り出し乾燥させると中身が取り出し難いので潤った状態を保ちます。

高瀬貝の身を取り出す

振動により中身を全て出していきます。

粗熱を取り除いた高瀬貝の開口部分が下にくるようにこのように持ちます(画像↓左)

この状態でコンコンコンと下に軽く叩いていきますが、ポイントは貝を自分側に少し回すイメージです。少しでも身が出てくれば後は、先程と同様に少し自分側に回しながらコンコンコンと叩いていきます。

※もしもコンコンとしても最初の部分が出てくれない時は、画像↑右のようにフォークなどで少し出すと簡単ですが、そのまま全てを取り出そうとすると内臓が途中で切れてしまいます。食べる身部分を取り出す場合はこれでOKですが、全て取り出したい(貝殻の中を空っぽにしたい)場合には、ここからの記事を参考にしてみてください。

フォークなどで引っ張っても全く出ない場合は、ゆでる時間が短いと考えられます。

さて、身が少し出てきたら、

さらに自分側に回しながらコンコンコン・・・

このようにしていくと中身全てが取り出せ、内臓が貝殻の中に残ることはありません。

中身はこんな感じです。

高瀬貝の処理(調理)方法【簡単な身の取り出し方法】

この部分全てを食べるわけではないので更に処理をしていきます。

スポンサーリンク

高瀬貝の身を処理する

茶色の薄い蓋(フタ)と貝自体にも内臓があるのでその部分を取り除きます。

身の外側寄りの黒っぽい部分とそこに繋がっている白い部分が食用です。

触るとしっかりとしている部分とぶにゃっとした柔らかい部分があるので、その柔らかい部分を全て取り除いていきますが、指のみで簡単にできます。

噛んだ時にジャリっとなると嫌なので、確認しながら入り込んだ部分もしっかりとキレイにしましょう。

処理後はこんな感じです。

黒茶色部分は水中では常に外に出ている部分となり、白い部分よりも汚れやヌメリ等があるのでしっかり取り除きましょう。

高瀬貝の身を調理する

黒茶色っぽいところは少し硬く、白いところは柔らかい部分となるので、その境目で切り離します。

我が家では噛んだ時のゴムっぽさを回避するためにも、ブツ切りにはせずに、できるだけ薄く切っています。

薄く切った白い部分は我が家の小さな子達(二歳半と六歳)でも食べています。

少しの塩か醤油をつけ、このままでも美味しく食べることはできますが、「ごま油・醤油・花山椒・にんにく・鷹の爪」や「バター・醤油少々」で炒めると更に美味しく頂けます。

高瀬貝の保存方法

先程ご紹介したような薄く切った身を冷凍しておくと、食べたい時にサッと取り出し炒めることができるのでとても簡単です。

貝やタコは冷凍しても魚や肉のように水分を多く含まないので、薄く切っておくことですぐに調理することができます。

高瀬貝の貝殻

高瀬貝の処理(調理)方法【簡単な身の取り出し方法】

高瀬貝の貝殻はシャツのボタンとしても使われるほど、良品として扱われています。

貝殻の周りの藻や石灰質を取り除けばこの画像のようにピカピカで綺麗な表面が現れます。

ワイヤーブラシなどで長時間磨いていく方法と薬品で除去する方法があります。

高瀬貝の処理方法まとめ

少々面倒な作業にも感じますが、薄く切り保存した身はすぐに調理ができ使い勝手が良く、お酒のアテやご飯のおかずとしても美味しく頂けるので是非試してみてください。

空っぽになった貝殻を綺麗にし加工するとアクセサリー等などもできますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました